スポンサーリンク

【集金態勢・木】新フェス限の魔導騎士メノアの性能紹介と解説【可愛い】

パズドラ

のんです。

まさかのここで新フェス限が登場です。早速明日12時からのSGFから実装されます。

新フェス限定モンスター登場!

なんかイラストが相当えっちですね。

というわけで、本記事では、魔導騎士メノアの各形態の性能と、SGFは引くべきかみていこうと思います。

高級コットン/ネイをイメージすると分かりやすいです。各属性に究極進化可能で、それぞれスキルとLSが違います。

結論、リーダーとしてはそこまで使いません。周回で使うかもくらい。

ただ、サブとしては火メノアがグリゴリーパのスタメン確定で、木メノアはランダンと周回の鬼です。

特に木メノアは6体あっても良いくらい。

それでは、各形態の性能をみていきましょう。

魔導騎士メノアの性能

進化前


超覚醒:

1Tスキル持ちでスキブ2個もあるので、アシスト元としては最高です。

それ以外の用途はくるくる対策で使えるくらいです。

最近のキャラは軽スキル持ちでスキブ多いのが当たり前になりつつあるので(貂蝉やホルス等)、メノア単体じゃないと厳しい場面は殆ど無いと思います。

光メノア


超覚醒:

多色向けのキャラです。

落ちコン上書きも兼ねていますが、それ以外だとお邪魔落ちコンがけっこう鬱陶しかったりするので、特に必要ない性能だと思います。

ただ、全形態に言えることですが、可愛いのでそれだけで入れる価値はあります。

闇メノア


超覚醒:

対神タイプにおいて、闇の無効貫通1コンボ業界の中ではマドゥやシヴィニアにも負けますし、無効貫通以外でも勝てません。

しかし、対神で無効貫通含む7コンボ時の火力は全キャラ中ナンバーワン。

ハロウィンマドゥも闇メノアには勝てません(約1.5倍差)。

つまり、周回で使えるというよりは、アベレージで火力を出しつつ対神タイプなら最高の火力が出せる普段使い向けのキャラというわけです。

ただ、スキルに落ちコン目覚めが付いているので、比叡やネルギガンテ、オーフェン武器等の闇落ちコンスキルを上書きしてしまう点が大きいデメリット。

上記デメリットのせいで闇パならどのPTにも入るというわけではありませんが、ポテンシャルは高いと思います。

火メノア


超覚醒:

グリゴリーとセットで使ってくださいと言わんばかりのマッチ具合です(笑)

グリゴリーパを組むならまず間違いなくスタメン確定の性能です。

リーダーとして相方とするなら少し物足りないところはありますが、サブとしては最高です。

それ以外だと使用頻度は高くありません。2wayは今下火ですからね。

水メノア


超覚醒:

水多めの3色陣持ちで、サブとしてなら特に弱い点が無い優等生キャラです(ステは尖っていますが)。ただ、現状水メノアが必須レベルの編成が無いので、出番はありません。

ただし、妥協枠としてならどこでも入ることのできる汎用性はあります。

木メノア


超覚醒:

使うなら木メノアでしょう。

周回も普段使いもこなせますが、一番は周回用途です。

10コンボ確定は勿論、

スキルで無効貫通しつつ超追撃の6コンボ盤面を確定で作れます(木メノアリーダーなら8コンボ~)。

そして、注目点はスキルだけではありません。

素で4000近い攻撃力があり、木属性では児雷也に続いて攻撃力第二位。

無効貫通火力は児雷也を抜き木属性第一位。

ランダンや周回で今後間違いなく使っていくであろう性能です。

6体あっても良いくらいです。ランダンガチ勢がいったい今回のSGFでいくら溶かすのか見ものです(笑)

まとめ(1体当たったらどの属性にするべきか)

以上、各メノアの性能の紹介と解説でした。

まとめると、

  • 進化前:アシスト元
  • 光メノア;多色サブで使えなくもない
  • 闇メノア:火力は高い
  • 火メノア:グリゴリーパのスタメン確定
  • 水メノア:水パ全般で使いやすい
  • 木メノア:周回ランダンの鬼

といった感じです。

1体だけ当たったら、グリゴリーパを運用しない限りはそのままキープが安定です。究極進化素材は発表されていませんが、コットンやネイ、シェリングの素材をみると一筋縄ではいかないと思います。

私が使うとしたら、

進化前、火メノア、木メノアです。

ではまた。

スポンサーリンク
パズドラ
スポンサーリンク
nonをフォローする
スポンサーリンク
幻想神域
のんれこーど

コメント

タイトルとURLをコピーしました