スポンサーリンク

【遊戯王コラボキャラ強化】遊戯、海馬、マリクがまた強くなった

パズドラ

のんです。

正月キャラ強化に続き、遊戯王コラボキャラの強化内容が発表されました。

強化対象は、遊戯、海馬、マリクという結果です。順当 OF 順当。

今回は、遊戯、海馬、マリクの強化内容をそれぞれ解説していきます。

最後にまとめにて、総評を述べたいと思います。

初めに言いますと、総合性能が最も高いキャラは海馬です。

そして、今回のガチャは課金者向けor昔から遊んでいてBOXが潤沢な方寄りの内容となっていますが、その中でも海馬は汎用性の面では圧倒的にずば抜けています。

それでは、各キャラの強化内容をみていきましょう。

遊戯の強化内容

遊戯(変身)の強化内容

強化前のステはこんな感じ

修正内容はこちら。

間違いなく環境最上位層の位置するリーダー性能になっています。

スキルが3T短くなったのは非常に大きく、スキブ武器が浮いたりサブのスキブ数に余裕ができますので、編成の幅が広がりました。

ただし、主流の7×6リダチェン編成において、ふもっふを持っている方と持っていない方とは非常に大きい差が生まれたかなとは思います。(ふもっふ:ポン太くんのこと。相良宗介武器)7×6リダチェン編成の遊戯パについてはこちらで紹介しています。

相良宗介武器

何故ふもっふ持ちとそうでない方とで差が開いたかというと、こちらの編成を御覧ください。

以前お見せした7×6リダチェン編成なんですが、こちらの編成だとスキブ数は18個(遊戯にスキブ武器継承)。砦を守る翼竜の3Tヘイスト(ヘイスト:スキルターン短縮の意味)と、ブラックマジシャンガールの火シェリング武器(4T遅延)25T稼ぐことができ、開幕から遊戯を変身、ハロウィンバステトアシストのオパチョ武器(リダチェンスキル持ちの武器)でリダチェンして戦う編成です。

では既に強化が実装されたとしましょう。この場合、遊戯は20Tで変身できますので、PTのスキブ数18個と砦を守る翼竜の3Tヘイスト18+3=21Tスキルが貯まることになり、遅延を使わずとも遊戯を変身することができました。

しかし、この次です。結局リダチェンに必要なのは25Tなわけで、それまでは転生貂蝉が片方のリーダーのままなので、スキルターン数がリダチェンスキル>変身遊戯スキルな構図が変わらない以上、使い勝手はそこまで変わりません。

勿論、遅延を使わずに、片方未リダチェンリーダーで進めていく場合は別ですけどね。しかし、一般的に開幕で変身とリダチェンを同時に済ませた方が圧倒的に楽です。

この編成の場合、18Tのリダチェンスキル持ちであるふもっふをハロウィンバステトにアシストした場合、2+18=20Tで、スキルターンが遊戯と同じになるわけです。そうなると、上記変性の編成の実質スキブ数21個+遅延4Tが大幅にロスしているわけで、編成をスキブ寄りにせずにもっと攻略に向いた編成に変更できます。

では、「ふもっふ以外にリダチェンが早い武器があるの?」と思われるでしょう。

残念ながら、ありません。ふもっふはアシスト可能なリダチェンスキル持ちでは断トツ最速です。

2番目に早いのはマッハの21Tです。オパチョと違いマッハは武器ではないので、 ターン数は1T重いですが上記編成ではオパチョ武器を採用しています。

ちなみに私はふもっふを持っていないので歯ぎしりしています(笑)富士見ファンタジア文庫コラボキャラ紹介記事で恐れていたことが起きてしまいました。

まあふもっふが無くても攻略にはそこまで差し支えないんですけどね。ただし、編成の幅が大きく変わってきます。

変身ターン数について長々と説明してきましたが、他の強化点は順当って感じですね。

まとめると、

変身遊戯は基本的にリーダー専用キャラで、間違いなく最強クラスのリーダー性能ですが、編成難易度は鬼。

初心者向けではありません。「リセマラして遊戯王コラボから始めるぜ!」という方は、2%の遊戯は勿論のこと、頑張って砦を守る翼竜あたりを複数で当てることができたらなんとかなりますね(茨の道)

究極遊戯の強化内容

修正前のステはこちら。

修正内容はこちら。

ステは上がっていますが微々たるものです。元々火力覚醒を持っていないので攻撃力アップはそこまで恩恵はありません。

LSは条件が緩くなりました。同時消し個数が4個になったので使いやすくなっています。個人的に究極遊戯は推しているキャラで、闇属性HP2倍という広い範囲で2コンボ加算しつつ攻撃20倍出せるのは強いです。通常盤面だと欠損しやすいので7×6で使っていきたいですね。砦を守る翼竜と相性が良いのでリダチェンもしやすいです。

究極遊戯についてはある程度星7キャラ紹介記事で話しているのでこのくらいにしておきます。

変身遊戯よりは編成のしやすさはこちらの方が圧倒的に上なので、遊戯パを使いたいけど変身遊戯は敷居が高いという方はオススメです。

遊戯武器の強化内容

列強数は1個増えました。 星7キャラ紹介記事 でスキルの強さは話しているので、端的にまとめると、周回やランダンで使う場面が来そうな武器です。変身遊戯しか持っていない方で必要になったら、変身遊戯を一時的に武器化してやれば良いと思います。いずれの遊戯もスキルマですからね。

海馬の強化内容

海馬については、海馬の進化はどれにするべきかの記事で長々と話していますので、ある程度まとめてお話しますね。

通常海馬の強化内容

修正前のステはこちら。

修正内容はこちら。

ステの上昇が大きいです。攻撃力が300も上がっていますし、HPタンクも爆増しています。

LSは攻撃倍率が15倍→17.5倍まで上がり、元から優れていた周回リーダーとしての性能が更に上昇しています。16倍のココを上回る火力を手に入れています。

ココ

通常海馬は攻略でも十分使えるLS(リーダースキルの意味)になっていますが、攻略性能の面では流石にココよりは劣ります。やはり半減条件がHP80%以上というのは心もとないです。連続攻撃や割合ダメージで瀕死になりやすいですからね。高難易度ダンジョンの先制10万超えの連続ダメージを耐える調整が必要になってきます。

しかし、ココにはない周回性能は大きなメリットなので、多方面で使える海馬は超有能キャラです。

究極海馬の強化内容

修正前のステはこちら。

修正内容はこちら。

ステが全般的に高くなっています。ステが完全にインフレ起きていませんか?(笑)

また、LSの倍率が18倍→20倍に上昇しています。

水6個消しするだけで20倍は水周回業界でも最高の数値です(HP50%以上の場合)

HP50%以上である必要があるので、周回でよく使うシュストや覚醒マシンノアは入りませんが、通常マシンノアやティリーあたりがいますからね。フユニャンやバイオライダーあたりのHP回復付きの変換とも相性が良いです。

リーダーとしては周回面で大活躍が見込めます。

サブとしては、説明不要感もありますが、マルチで活かせる素の毒完全耐性持ちで7C強化3個に無効貫通持ち、おまけにスキブ+に指+持ちという調整ミスってるんじゃないかっていうぶっ飛んだ覚醒スキル持ちな時点で超強い。

スキルは確定変換陣なので弱いわけがありません。他の陣と違って偏ること無く安定して攻撃色を変換することができます。

というわけで、究極海馬は周回でも攻略でもハイスペックな強さを持っています。

海馬武器の強化内容

指が1個増えました。地味ですが大きいストロングポイントです。

私は海馬は2体しか持っていないので3体目が欲しいです。それだけ全形態が超強い。

マリクの強化内容

関連画像

通常マリクの強化内容

修正前のステはこちら。

修正内容はこちら。

ステ上昇のバーゲンですね(笑)HPは爆上げ、攻撃は300も上がっています。

この通常マリク、どんだけ火力が高いかというと、2way1個消し7コンボ時の火力は、7C強化4個&HP80%以上強化が乗ったスオウを超え、約1.35倍もの差をつけています。

流石に7C強化1個、10C強化1個、2way2個持ちのセシルに対しては10コンボ時の火力は劣りますが、それでも、究極マリクの10コンボ時の火力でも勝てません(2way含む)。

LSは、倍率こそ変わらないものの、範囲が広がり神タイプも追加されました。

闇/神で強力なキャラといえば、究極プレーナ、闇カーリー、ハロウィンヴェルダンディ、エイル、闇メタ、超転生ハクあたりです。特に究極プレーナはHPを盛れますしスキルの陣(ロック解除&火/闇/回復3色陣&3コンボ加算)が強力なので大きいですね。

同系統のLS持ちであるゼローグ∞とどちらを使うかといえば好みの話になってきますが、組やすさは圧倒的にマリクパです。

ちなみに話は少し戻りますが、HP50%以下のゼローグでも、2wayマリクの火力には及びません。マリク火力高い。ただ、ゼローグは超覚醒で無効貫通を持っているというのは大きいです。ゼローグパは自身と相方のゼローグでどうにでもなりますからね。無効貫通を持っていないマリクとは大きく違う点です。

まあ好みの世界ですね。

サブとしての使い勝手は殆ど変わっていません。優秀な毒完全耐性持ちのキャラです。

究極マリクの強化内容

修正前はこちら。

修正内容はこちら。

ステは全体的に強化、特に回復面が大きく上昇しています。

LSの倍率が爆上がりしています(笑)12倍→18倍です。

ようやく使える趣味パの域に達したかなと思います。流石に12倍は低すぎましたからね。18でも正直足りていないと思いますが、趣味パとしてなら十分楽しめそうです。

究極マリクはスキルと覚醒が強力なので、サブ向きのキャラです。なので今回の調整は趣味パを楽しみたい方向けの調整ですね。

マリク武器の強化内容

あると地味に便利なバインド回復が1個と、封印耐性が1個追加されています。元々強力な武器だったので、より使いやすくなりました。バインド攻撃って5Tのケースが多いですからね。1個につき3T回復するバインド回復が2個付いたのは地味ですが大きいです。

まとめ

攻略面で大きく強化されたのは変身遊戯です。

他は倍率が上がったり条件が緩くなったり順当に強くなった程度ですが、元々強かった変身遊戯は攻略リーダーとして一歩抜きん出たかなと思います。

では遊戯、海馬、マリクが強化されたし、ガチャを引く価値が大幅に上がったかというと、そういうわけでもありません。

アンケート結果が全て最高レアキャラで、確率は各2%の合計6%(石10個)。

課金できる方なら引くべきガチャだと思いますが、無課金勢の方なら交換がド安定です。

ただし、変身遊戯パを組みたい方なら星5の砦を守る翼竜あたりは欲しいのでガチャを回したいところです。無くても戦えなくもないですが、よっぽど遊戯が好きな方以外はオススメできません。それなら正月リーチェや正月ツクヨミ、正月アルテミスを交換した方がずっと役立ちます。遊戯は課金勢でようやく扱えるキャラです。どうしても遊戯を使いたいなら究極遊戯で。

ちなみに、もし私が無課金勢or微課金勢で、どれか1体を交換するとなった場合なら海馬を交換します。

通常海馬の固定追撃持ちLSは強力ですし、周回性能は群を抜いています。究極海馬は水パの攻略サブとしては最高峰の性能ですし、LSは周回でも活きます。万が一、それぞれお役御免で使わなくなった場合でも、強力な陣持ちのスキブ武器として使えるので、とにかく多方面で活躍できます。

マリクも遊戯も確かに強力ですが、各キャラの紹介で話した通り性能が尖っていたり、リーダーとしてなら編成難易度が高かったりで、課金勢向きです。

以上の理由で、私なら海馬を交換します。

 

以上、遊戯王コラボキャラの強化内容をみるお話でした。

強キャラ揃いのガチャであることは間違いないので、悩んでいる方の参考になっていただけたら幸いです。質問がありましたら、答えられる範囲でお答えします。

ではまた。

コメント

  1. […] ※1/10で遊戯、海馬、マリクが強化されました。修正内容はこちらの記事で紹介しています。 […]

  2. […] ※1/10で遊戯、海馬、マリクが強化されました。修正内容はこちらの記事で紹介しています。 […]

  3. […] […]

  4. […] […]

タイトルとURLをコピーしました